応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話

コールセンターの求人に応募した時に、ライバル達がみなさん優秀だった体験があります。

応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話

コールセンターの求人に応募した時に

応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話
コールセンターの求人に応募した時に、ライバル達がみなさん優秀だった体験があります。コールセンターの仕事は、通信業界や通販業界、銀行業界などといったようにいろんな企業がコールセンターの部署を設けることが多く、賃金も割と高い方ですので、企業のコールセンターの経験を持たれた方が、コールセンターの求人を見て応募してきたので、私よりもはるかに優秀な方が大勢いました。

最初に驚いたのが採用試験でパソコンでの文章入力試験があった時でした。
コールセンターでは情報漏洩の問題の点から紙によるメモは一切取らず、電話の応対記録を全てもれなくパソコンへ入力していくことになります。早く正確に入力できる人ほど優秀とみなされます。
2分間という制限時間の中でどれだけの分量を正確に入力できるかという試験があった時、私以外の皆さんが当たり前のように早く正確に入力していく姿を見て、これは優秀な人が大勢集まった感じだなと思いました。

比べてお得!