応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話

転職活動をしていた頃、条件が良かった求人があったので、すぐに応募してみました。

応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話

転職活動をしていた頃

応募してみた求人のライバルがみな優秀だった話
転職活動をしていた頃、条件が良かった求人があったので、すぐに応募してみました。
面接のセッティングがなされて、いざ面接会場に行ってみたところ、ライバルがみんな優秀だったことに唖然としてしまいました。

応募条件は割とゆるかったので、優秀な人材がそれほど集まるとは思っていなかったこともあり、これには衝撃でした。
特に資格を取得しているわけでもなく、これといった特技もない私は、周囲のライバルたちに蹴落とされる格好となってしまったのです。
ライバルたちにとっては、私がライバルたちの引き立て役となったので、かえって良かったのかもしれません。
このことがあってからというもの、求人情報を見る際、応募条件がゆるくても油断してはいけないと思うようになりました。
転職活動も受験戦争と似たところがあり、ライバルはたくさんいるものです。
私はまだこの認識がなかったために、競争に勝つことができなかったのだと思います。それから、自信を持つためにも、自分自身が優秀な人材になれるように、スキルアップを図ることも大事だと思いました。

比べてお得!